TOP > seo > seoとは

seoとはのもくじ

  1. seoとは
  2. seoでアクセスアップ
  3. googleのアルゴリズム
  4. googleのアルゴリズム変更の頻度
  5. seoを理解するということ
  6. seoの最終目標はクリック
  7. seoのアルゴリズムは改改善されている
  8. 海外のseo対策の事例
  9. seoを対策する利点について
  10. ネット販売を成功させるseo対策とECサイト構築
  11. seoについての会話

seoとは

seoとはYahooやGoogleなどの有名検索サイトで、検索結果が上位に表示されるように工夫することやその技術を意味します。

最近はGoogleのアルゴリズムが学習しながら進化し、小手先の技術では通用しなくなっています。内容の質が高いホームページが上位に上がるようになっています。

検索エンジンのランク付けの規則(アルゴリズム)は日々高度化が進み、変更することによってサイトの順位が大きく変動します。公平性を保つためこの規則は公表されません。

検索結果の上位に表示されていても継続することは難しいです。seoは常にこの規則を分析し対応し続けないといけません。

seoでアクセスアップ

多くの人がインターネットをする時に、検索エンジンから目的のサイトへとたどり着いている人が多い様です。

しかし、検索して表示される結果はあまりにも多く、すべての結果をチェックするのはとても不可能です。

そこで、上位に表示されたホームページだけを見る人が多い様です。ランキングが上位であればあるほど、たくさんの人に見てもらえるチャンスが増えるという事です。そのため、seoが必要になってきます。

seoを利用する事で、自分のサイトが検索結果の上位に表示されるかもしれません。

googleのアルゴリズム

googleのアルゴリズムはハミングバード※1と呼ばれるものでコンテンツとコンテンツ理解、リンクをRankBrainが評価し、順位を決定しております。

googleのアルゴリズムは200以上の要素から成り立っているといわれており、その中にはドメインの古さ、被リンクの質、コンテンツの量、タイトルタグなどがあります。

その中でも重要な要素は次の通りです。

  • 1.被リンクの質 ドメイン数と本数と関連性
  • 2.サイトのコンテツン量
  • 3.サイトのタイトルタグの構成
  • 4.ドメインの古さ
  • 5.サイトのページ数

これらを全ておさえたseoが必要になります。

seoに関する記事

googleのアルゴリズム変更の頻度

最近のgoogleのアルゴリズムの変更は日々行われ、毎月のように大きな変更が行われている模様です。2015年末にRank Brain※2というAIを導入してから徐々に変わってきております。

2016/9に完全にアルゴリズムを変更し、今までとは全く違った傾向になりました。これはseoの要素が強いとすぐにフィルターにかけ、大きく順位を落とすもので今までの手法が通用しにくくなっております。

それをかいくぐるようなseoをするには非常に大きな労力を必要とするようになりました。

seoを理解するということ

seoを理解するのは無理です。理解できると言っている人がいるとすれば、それは現状でオープンにされているseoに対する考え方を知れば良いということをおそらく行っています。

どういうことかというと、seo自体は複雑なプログラミングによって作られています。

もちろんそれは公開されていませんし、クローラーの動きから推測しようとしてもわかるのはある程度までです。また日々改変されるので、しばらく経つと変わっています。

コンテンツの質を結局は上げるしかないので、小細工しようとしても無駄ということだけは現状わかっています。

seoの最終目標はクリック

seoの最終目標が何かというと、広告をクリックしてもらうことです。サイト運営者みんなが収益目的とは限らないのですが、seoを意識する人はだいたい金銭目的の場合がほとんどでしょう。

お金が欲しいからやっているのであって、結局のところは広告収入が入らなければ意味ないです。

そのためにはまずサイトに訪問してもらう必要があります。これをクリアして安定的にサイトの訪問者が来るようになれば、クリックしやすい環境を考える必要があります。

あからさまに広告の感じがすると良い印象は与えないので、いかにお金の匂いを消すかがカギです。

seoのアルゴリズムは改改善されている

seoのアルゴリズムは日々改善されており、これはユーザー満足度を最大化するためです。そして、それは完成に近づきつつあります。厳密にはサイトは日々変わりますし、ネットの世界は改変が早いので完成ということはないのですが、一般のユーザーやサイトの運営者から見て問題点がない状態になってきているということです。

というのも、昔のseoはひどい状態であったためです。キーワードの数や被リンクの数でサイトの表示順位を決定してしまうようなことがあり、その結果人間が見ても単なるキーワードの羅列のサイトが上位に表示されていました。

海外のseo対策の事例

海外におけるseo対策の充実度については、一般の消費者にとって理解しにくいところがありますが、早期にニーズの高い業者のスタッフに相談を持ち掛けることが欠かせません。

そして、AIの仕組みに関しては、技術の進歩の影響を受けやすいことが分かっており、短期間のうちに各業者のスタッフうから助言を受けることが望ましいといえます。

もしも、seo対策のコストパフォーマンスの良しあしに関して迷っていることがある場合には、プロフェッショナルが在籍している業者に問い合わせをすることで、何時でも安心して行動をすることが可能です。

seoを対策する利点について

パソコンやインターネットが様々な場面で使われるため、あまり詳しくない方でも、IT業界の専門用語とされる言葉をよく聞くことでしょう。

seoとはgoogleなどの検索エンジンにおいて、上位に表示されることを指します。

対策を立てることが必須なため、ウェブサイトによって作業分割しています。ホームページを作成した際にどのような手順を進めるべきなのか、大阪を中心とした各地では、セミナーや無料での説明会なども行われています。

さらに、関連する知識や技術に関して広く知られるようになっただけでなく、対策業務を代行してくれる業者なども存在しています。

ネット販売を成功させるseo対策とECサイト構築

ネットで商品を売りこみたい場合の手段として、モール型のECサイトに出店したり、自社のホームページで販売する方法があります。

自社でおこなう場合は、自分達でECサイト構築しなければいけません。またモール型のような知名度もありませんから、幅広く周知してもらうために、seo対策はかかせないものとなります。

この2点がネット販売を成功させる大きな要となりますから、どちらが欠けていても売り上げを伸ばすには難しくなるものです。

そのためネットビジネスを有利に展開している事業主は、プロの技術者に依頼しているケースが多いようです。

seoについての会話

友子:こんにちわ。久しぶりね。

明子:久しぶり。最近、ホームページを作って、雑貨を売ろうと思ってるのよ?

友子:そうなの?明子は小物作っていたもんね。

明子:そうなのよ。趣味を実益に変えたいじゃない?

友子:そうだわね。でも、ホームページを作ってまでして、売ろうとおもうと、採算が合わないじゃない?

明子:そうかなぁ?雑貨も一杯あるし、アピールするの得意だし。

友子:そっか。

明子:まずは今、ホームページを作って、seoをしようと思うのよ。

友子:seoってなんなんよ。

明子:seoってのはgoogleやyahooの検索で上に表示させるやつよ。「ブローチ 格安」なんかで上に表示されると売れると思わない?

友子:思うけど、大変なんじゃ。

明子:そら大変だけど、記事をいっぱい書くとどうにかなるらしいから。

友子:そっか。頑張ってみたら。

明子:頑張るわ。

ハミングバード※1

googleにおいて2015年末に導入されたHummingbirdは検索窓において複雑な質問を正しく解釈できるようにすることを主眼に開発されました。

つまり、今までのような“キーワード”重視の考え方から、文節や文脈を重視したアルゴリズムに変わったということです。

これは文脈理解が進んでいることを指すもので、言語モデルの進化により、サイトのコンテンツの理解のされ方が変わってきたということです。今後もこの傾向は続いていくでしょう。

Rank Brain※2

RankBrainとは、Googleによって名づけられた機械学習を用いた人工知能(AI)システムであり、検索結果を処理するために使用されています。RankBrainはGoogleの検索”アルゴリズム ハミングバード”の全体の一部分であると考えられます。言語処理を自動で学習しながら処理を行うものと考えられる。

言語モデルも日々研究され、最新のモデルを搭載し、日々学習し、さらにこのコンテンツ理解をもとにクエリと完全に一致しない場合、コンテンツ理解に基づき、検索順位を決定しているということになります。

メニュー

TOP seoとは Google対策 seo対策 ホームページ制作会社大阪 ホームページ制作 マイクロスコープ