SEO

といえば、ちょっと怪しいと思う方も多いですが、そんなことはありません。(笑)それを生業にして、上場企業も あるわけで・・・・ただ、不確実性が多く、あやしいサービスを売っている企業もありますのは事実です。

ただ、すべてそうではなく、一流企業も利用している場合もあるぐらいです。

SEO対策を行うためには費用がかかりますが、この費用については会社によって異なっています。所期費用として数万円から数十万円かかり、そして維持費として月額数万円ずつかかっていくというのがだいたいの相場でしょう。

ただ、キーワードによって費用が異なる場合もありますから注意が必要です。競合の多いキーワードでSEO対策しようと思ったときには、費用がかかるのが一般的です。

また、どこまで上位に表示させるのかによって費用は変わりますから。トップページに表示させたい場合と、1位に表示させたい場合とでは費用が変わってくるのです。

seoの目的は「的確に情報を伝える」こと

seoとは、Googleなどのクローラーに対して「どのようなコンテンツを作成したのか」ということを的確に伝えるために行うものです。AIによってコンテンツの内容を把握・評価し、その結果を検索クエリに対して表示しているのがクローラーと呼ばれるものであり、そこで効率的に評価を獲得するための方法がseoです。

これによって自サイトが上位表示されるようになり、その結果として多くの人の目に留まりやすくなることで多くの集客・収益の増大を目指すことが出来ます。適切でないseoでは意味が無い為、しっかりと基礎知識を身につけたうえで実践していきましょう。

seoについて語っているサイトは曖昧

seoはグーグルのアルゴリズムに対してどうやっていくかということですが、それについていろいろと書いているサイトは多いです。そしてそれらは当然アルゴリズムの解析をしているわけではありません。せいぜいグーグルの意図を書いていて、アルゴリズムの改変について曖昧な予測を立てている程度のものです。

一時はAIに対してブラックハットなseoを仕掛け、それが上位表示されていたこともありましたが、それも今ではほとんどないです。純粋にユーザー満足度を上げるためのコンテンツの選定がうまくなっているということです。今後もその傾向は強まるでしょう。

seo対策とテクノロジーの発達について

近年は、テクノロジーの発達にともない、seo対策をどのように行なっていけばよいのかと考え込む方も増えて来ています。最近では、googleの検索アルゴリズムにAIが取り込まれたことが大きなテクノロジーのニュースとなります。

AIが取り込まれると、検索アルゴリズムは検索したユーザーの意図を理解することができるようになり、抽象的なキーワードでの検索であったとしても、ユーザーのより求める検索結果を返すことができるようになるのです。そのため、曖昧なユーザー設定ではなく、しっかりとどのようなユーザーが検索してほしいのかを明確にするのがseo対策となります。

自動車にも使われるAI技術を考えたseo

自動車にも使われるAI技術が今の検索システムには使われているので、seo対策をする時にはこのAIがどういうシステムを構築しているのかを検討して対策をする必要があります。そして、人工知能は常に経験を積んで進化をするものなので、seo対策も常に見張っておく必要があります。

そして、効果が薄い、または効果が出ていないようであれば、システムがどういうように変わっているのかを検証していく必要があります。今は、システムは常に変わっているという考えて動く必要があるといえるでしょう。検索システムは常に大きく変わっているという認識を持つことが大切です。

これからホームページを作ろうと考えている方やサイトリニューアルをお考えでしたらホームページ制作もSEOも任せられるHuman Intelligence Japan Inc.はここ。ホームページ制作からSEOを一貫請負。大阪のSEOに強いホームページ制作会社です。

WordPressを利用したホームページの制作、SEOの質でに人気。

大阪府大阪市西区江戸堀1-23-35

seoに関する記事