Yahoo

誰もがご存知のポータルサイト「Yahoo(ヤフー)」です。
日本でのシェアはGoogleよりも多く、現在もNo.1を維持しています。

とにかくあらゆるサービスを展開していますが、中でも「知恵袋」「オークション」が主力サービスとして認知されています。

知恵袋はユーザーが質問を投稿し、それに対して誰かが答えるというQ&Aタイプのサービスで、質問に答えるとYahooポイントがもらえたり、質問する側にも答える側にもメリットがあるよううまく考えられています。

オークションは出品する人、落札する人で商品のやり取りが行われるというものですが、良いものを安く、要らないものを少しでもお金に、そういった気持ちを上手く助長するサービスとして一気に人気になりました。

インターネットでの物の販売、特に個人対個人の場合は不正な取引が行われる可能性が高いですので、日々改良が進められています。

seo対策には効果的なタグを入れよう

seo対策は、googleのアルゴリズムが変更される度、それに合わせて対応していかねばなりませんが、googleやyahoo!などのポータルサイトの検索で上位に表示されることは、ユーザーの目に触れる頻度が高まり閲覧数が増えるので各社、seo対策に力を入れています。

基本的なところでは、画像にaltタグを挿入したり、metaタグにキーワードや説明を入れたり、制作するサイトの文章中にキーワードを入れ込んでいきます。ただ、キーワードが多すぎる場合や反対に少なすぎても有効ではないと言われています。各ポータルサイトもユーザーにとって有益なWEBサイトを上位に表示させるように努力していますので、有益な情報のサイトではない場合、突然順位が下がるような事例もあります。

seoのトレンドのサービスについて

seoのトレンドのサービスが導入されている業者の数は、年々増加傾向にありますが、顧客対応の良しあしをじっくりと理解することが重要なポイントとして挙げられます。 また、googleのシステムの内容に関しては、パソコンやスマートフォンの利用者の間で興味深いテーマとしてみなされることがあるため、短期間のうちに便利な情報をきちんと仕入れることが良いでしょう。

もしも、seoのコストの計算方法についてわからないことがあれば、顧客サービスの良い業者のスタッフと相談をすることで、何時でも納得のゆく対応をすることができます。

最近のGoogleの内部SEO対策について

最近のgoogleの内部seo対策について紹介していきます。まず、昔からずっと今も効果のでる対策ですが、やはり、ページ毎のタイトルに対策キーワードを入れていくことや見出し文言に対策キーワードを入れていくことがseo対策になってきます。

ただし、その反面で、昔は通用してきたが、いまではもう通用しなくなってしまった対策もあります。それは、ディスクリプションやキーワードに、対策キーワードを入れていくことなのですが、いまは、検索結果の表示のみに使われるのみで、googleの検索結果における順位決定の要因にはなっていません。

RankBrainは問題となるseoを排除するため

問題となっている行為は多数あり、seoの観点でも強引すぎる手法がどんどん採用されることになりました。こうした方法は良くないとされ、サイトの悪影響をそのまま検索順位に反映して、どんどん検索については変な状況になってしまいます。

そこでGoogleは、RankBrainという機能を搭載して、ランキングに対して考えて順位を決めるような方針を採用しました。この方針を使ったことで、変な方法を排除できる仕組みが生まれました。seoの観点では、これで上手くできなくなり、RankBrainのシステムは大きな成功を収めています。

ホームページ制作の際に考えるSeo

現在においては、Seoもかなり普及していますので、ホームページ制作を行う際には、対策を行う事を検討している人も少なくないでしょう。ホームページ制作を行う際には、Seoが必ず必要になるという分けではありませんが、あらゆる事を考えると、ホームページ制作の時にSeo対策まで行っておく事で、手間を省く事ができます。

ホームページ制作を行うタイミングというのは、本格的Seoに取り掛かるチャンスでもあると言えるでしょう。また、すでにホームページ制作は行っているという人もリニューアルの際にSeoを更に強化する事を考えるのもいいでしょう。これまで以上に多くのユーザーを集める事ができればいいでしょう。