TOP > seo対策

seo対策のもくじ

  1. seo対策を行う
  2. seo対策はいいことばかり?
  3. テキストにおけるseo対策
  4. コンテンツseo
  5. seoと同時に行いたい集客対策
  6. seoとウェブサイトの機能
  7. seoに対するタグの使い方
  8. 競合する企業に勝てるseo対策とは
  9. seoによってアクセス数をあげる
  10. 収益は度外視するコンテンツseo
  11. seoについての会話

seo対策を行う

ITの世界ではseo対策と叫んでいる方も多くいますが、seoと同じ意味で使っています。

このseo対策を行って、本当に上手くいくとどうなるのかを考えてみたいと思います。

検索エンジンの上位に表示できている期間はある程度の訪問者が増えます。つまりアクセスがアップします。

それ以外にもブランディングの効果があります。キーワード=「企業名」または「サービス名」または「商品名」と連想されやすくなります。

そうなることでサイトの信頼性は大幅にアップします。そうするとサイトへの来訪者に安心感を与え、購入または問い合わせの確率がアップします。

こう考えてもいいことばかりです。

seo対策はいいことばかり?

確かにseoにより露出度があがります。そうするといい商品、いいサービスでないと逆にマイナスイメージが強くなることもあるのです。ネットに限らずいい商品、いいサービスでないと意味がないのです。

だからこそ、今、いいサービス、いい商品を提供している、製造している企業においてはseo対策を強くお勧めします。

そうでない場合は商品、サービスを考え、プロモーションするの必要な、商品分析をし、seoを行うといいでしょう。

テキストにおけるseo対策

検索エンジンに対して最適化するという意味の英語の頭文字を取ってseoと呼びます。具体的には検索エンジンで言葉を検索する人に対して自分のウェブサイトを見てもらいやすくするための対策です。

同様の方法でリスティング広告※1と呼ばれるものがありますが、seoとは大きく異なります。その理由は、リスティングは広告なのでお金を投資すれば必ず上部に表示されるものの、seoはお金をかけても上位に現れる事はありません。

同じテキストにも関わらず、仕組みにより投資の有無やテキストが現れる場所が大きく異ることになるのです。もちろん、上の方に出たほうがアクセスしてもらいやすいです。

seoに関する記事

コンテンツseo

コンテンツseoという言葉が言われて3年以上となりますが、2016年9月以降、googleにおいてはコンテンツの量、質を順位を決める要素としてウエイトを上げております。

そのため、コンテンツがないサイトからのリンクが多いサイト、コンテンツが薄いサイトは評価しにくくなっております。

そのため、コンテンツを増やすことが不可欠となっております。しかし、コンテンツを増やすには非常に大きな労力を必要とし、seo業者にとって負担が大きく、seo業から撤退する企業も増えております。

この傾向がいつまで続くのか?というのも大きな問題で、コンテンツの量が多くなるとスマフォ対応サイトのユーザビリティーが下がるということにもなり、多くの問題があります。

seoと同時に行いたい集客対策

あまりパソコンに詳しくないという人であったとしても、seoという言葉を聞いた事がある人もいるかと思われます。またはseoをすでに行っている人もいるでしょう。

現在においてseoを行っている場合には、seoけではなく更に集客を強化だしたい事もあるでしょう。

seoは他の集客対策と同時に行うという事も可能かと思われます。リスティングやバナーなどの広告を活用した対策に取り組むのもいいでしょう。

最終的には利用者を大幅に増やし続ける事ができれば、会社にとっていい経営状態が良くなるという事が予想されます。

また、集客対策を行う中で、より効果が高いと思われる対策を進める事によって、利用者を増やせる事でしょう。

seoとウェブサイトの機能

ウェブサイトの機能性を向上させるうえで、seoの対策の立て方にこだわることがとてもおすすめです。

現在のところ、専門性の高い業者のサービスの内容について、数多くの情報誌などで紹介が行われることがありますが、早いうちから業者選びのポイントを見極めることが良いでしょう。

また、seoの対策の費用の計算方法に関しては、一般の消費者にとって、すぐに理解をすることが難しいといわれています。

そこで、いくつかの外注先のスタッフから助言を受けることによって、たとえ初心者であっても、魅力的なウェブサイトを完成させることができます。

seoに対するタグの使い方

基本的にseoとタグは直接的な関係はないです。要するに、文字のサイズをどのようにしたらseoに効果があるかというのはないです。

ではなにをする必要があるのかというと、単純に文字のサイズを見やすくするということです。

コンテンツのなかでも小タイトルは文字を他のコンテンツよりも大きくする、重要なワードには色を付ける、このようにユーザーに見やすい工夫がそのままクローラー※2へのアピールにもなります。

クローラーは実際文字の色や大きさの違いは認識しています。それをどのように認識するのかというのは人間に近くなるようにしています。

競合する企業に勝てるseo対策とは

seoは検索エンジン最適化と言う意味を持つ言葉ですが、seoはホームページの最適化を図る事、そして対策を講じる事で、検索結果の中で上位表示が行われるようになるため集客力を持つホームページになると言うメリットを持ちます。

googleは検索エンジンの一つになりますが、この検索エンジンに対するseo対策を講じる事で、競合する企業との差を作り、他の企業よりも上位表示を行える可能性が出て来ます。

googleを利用するユーザー数が多い事からも、競合他社がある業界などでは必須の検索エンジン最適化と言えるのではないでしょうか。

seoによってアクセス数をあげる

ブログなどのサイトを運営している時に気になるのがアクセス数ではないでしょうか。誰にも閲覧されていないようなサイトを運営し続けるのはなかなか難しいかと思います。アクセス数を上げる方法として用いられるのがseoというものです。

これは日本語で検索エンジン最適化という言葉になります。検索エンジン、つまりグーグルなどで検索された時に上位に表示されるようにすることで、多くの人の目に留まるようにする施策です。

大阪と検索された時に大阪城などの関連するサイトが表示されるように、ユーザーが求めるものを表示するのが検索エンジンです。

つまりは有益な情報を発信しているとグーグルに認知されなくてはいけません。

収益は度外視するコンテンツseo

ホームページを作成する場合には、コンテンツseo対策が最も重要です。自分の収益は度外視して、閲覧してくれたユーザーが喜ぶような内容にすることが重要です。

少しでも収益を優先してしまうと、ユーザーはホームページの内容を信用してくれなくなりますので、再度訪問をしてくれなくなります。

ユーザー第一でホームページを作成していれば、ユーザーは信頼をしてくれるので、再度訪問をしてくれますので、アクセス数が増えていきます。

アクセス数が増えると収益も増えていきますので、ユーザー第一がとても重要なコンテンツseo対策となります。

seoについての会話

明子:友子さん、今日は頑張ってるわね。

友子:はい。最近、仕事に対してもう少し頑張ろうと思って。

明子:いい心がけね。急にどうしたの?

友子:友達は結婚していくけど、私は彼氏もいないし、何もしないのもったいないから。

明子:そうね。私も焦るじゃない。

友子:すいません。

明子:最近、営業電話が少ないと思わない。

友子:そうですね。最近の営業電話は電話回線の乗換えや電気の節約が多いですよね。

明子:そうだね。

友子:この前、久しぶりにseoの営業電話がありましたよ。

明子:めずらしい。もうseoの会社ってないのか?と思ってました。

友子:まだ、あるみたいですね。

明子:この前のseo会社は大阪でしたよ。

友子:そうなんだ。

リスティング広告※1

リスティング広告とはYahooリスティング、googleのアドワーズ広告を指し、検索窓にキーワードを入力し、検索結果が表示された時に実際の検索結果以外に表示されるものを指します。検索結果の上部、下部、サイドに表示されます。

リスティング広告は入札方式で広告主が出稿しています。googleのアドワーズ広告においてはクリック率と入札価格で表示順位を決定しています。入札価格が高いと上位に広告が表示されやすくなります。リスティング広告のメリットはキーワード毎、地域を限定して広告を出すことができることで細かく指定することでコンバージョンが上げやすくなります。

クローラー※2

クローラ(Crawler)とは、ウェブ上のコンテンツである文書や画像などを取得し、自動的にデータベース化するプログラムです。データを周期的に取得するためだけのプログラムです。ボット(Bot)、スパイダー、ロボットなどとも呼ばれることがあります。

クローラーが頻繁にサイトにアクセスしすぎると、サーバーに負荷がかかります。クローラーは周期的にくるため、一般的にはサーバーに負荷をかけることはありません。googleのクローラーの周期はウエブマスターツールにおいてサイトマップで指定することができます。

メニュー

TOP seoとは Google対策 seo対策 ホームページ制作会社大阪 ホームページ制作 マイクロスコープ